圧着ハガキは印刷技術が高くて発送代行まで行う専門業者に注文

DM

圧着ハガキの事前の区分けもできる

大量の束ねられたはがき

圧着ハガキは広告郵便物として承認を受けることで、郵便料金の割引が受けられるため広告宣伝費を節約したいという際には有効です。また、圧着ハガキ作成は業者に依頼することで、印刷だけでなく宛名や投函といった作業まで代行依頼が可能です。しかし、圧着ハガキを業者に依頼して納品されたものに宛名を印刷する作業以外に、時間のかかる作業があります。
広告郵便の適用を受けるためには多くの条件があり、その中でも事前区分けが必要になります。あらかじめ受取人の住所または居所の郵便区番号毎に区分する必要があり、実際の作業では作業スペースや人手が必要になります。しかし、専門業者に依頼すれば、宛名を印刷する時点で区分けが完了した状態となり、区分けにかかる時間やスペースの問題が無くなります。最近では、圧着ハガキの印刷から宛名印刷、区分けさらには投函までコミコミになったプランも多く、プラン料金も安く設定されています。フルオーダーするのはコストがかかると思いがちですが、実際には広告郵便として割引が適用されることで、通常の郵便料金よりも安く済み節約効果が期待できます。また、作業スペースや人手を別の作業に割り当てることができるため、広告郵便として作業を全て外注することは限られた経営資源である労働力を有効活用することができます。

TOP